try,try,try

基本的に備忘録です

DMR-BRW1000の今さらレビュー

我が家のブルーレイレコーダです。

panasonic.jp

今見たら既に新型のBRW1010というのが出てますねw

遡ること5月中旬に購入してました。
購入の動機ですが、大きく分けて2つありました。
* 我が家にブルーレイを再生できる機器がなかった。 * ハードディスク搭載の液晶テレビの動作が怪しくなってきた。

テレビはというと2007年製 HITACHi WOOO L32-HR01-1です(古い)。。。 怪しい動作はというと再生中の録画番組が数秒フリーズすることが多くなってきたという感じでした。
あとはPerfumeのライブをDVDではなくてブルーレイで見たいという個人的な希望がw

そもそもテレビの動作が怪しいわけでブルーレイを買ってもテレビが壊れてしまうというリスクがありましたが、
両方買い替えるわけにもいかず、ハードディスク内臓型のテレビは欲しいものがなかったということもありました。

最後までソニーのBDZ-ET1200と迷いましたが、値段の差でパナソニックにしました。

www.sony.jp

ソニーのはトリプルチューナーなので高いのはしょうがないんですが、
ダブルチューナーだと高画質回路の「CREAS 5」というのが搭載されていなかったので選択しませんでした。
その点パナソニックはミドルスペックにも同様の高画質回路が搭載されている上にヤマダ電機で値切ったら安くなったので買いましたw

前置きが長くなりましたが、いいところと悪いところをあげていきます。

▪️いいところ

  • 5倍で録画してもほとんど気にならない(テレビがHD画質だからかもしれません)。

  • WOOOではできなかったCMスキップが出来るようになった。

  • 動作がキビキビしている(WOOOはかなり遅かった)。

▪️悪いところ

  • 現在何分何秒のところを再生しているのかがテレビ側に表示されない。
    (機器本体にデジタル表示されているが、小さくて見えない。)

  • 番組にもよるがシーン一覧で大体どんな内容かを確認することができるが、そこにジャンプするためにはディモーラという有料サイトに登録しなくてはいけない。

  • 番組編集は録画番組を見ている時に気軽にできるわけではなく、編集用のメニューから行う必要がある(WOOOの時も同じだった)。

画質等には満足しているけど有料メニューに登録しないとフル機能が使えないのはちょっと不満。といったところです。

参考になれば幸いです。