try,try,try

基本的に備忘録です

Ubuntu 16.04 でIPv6を設定しようとしてハマった話

結論からいうと↓のスタティックルートがいけなかったんですけどね。
com1.hatenablog.jp

設定は /etc/network/interfaces に記述する

auto enp0s8
iface enp0s8 inet static
    address 10.0.0.203
    netmask 255.255.255.0
    post-up route add -net 172.16.0.0 gw 10.0.0.201 netmask 255.255.255.0 dev enp0s8
iface enp0s8 inet6 static
    address fd00::203/64
    netmask 64
    post-up route -A inet6 add fd01::/64 gw fd00::201

なぜハマったのか

冒頭にも書きましたがスタティックルートの書き方に問題がありました。
/etc/network/if-up.d/static-routes にスタティックルートを書いてしまうと、/etc/network/interfaces に設定したIPv6の設定が反映されなくなってしまうようです。

/etc/network/interfacesIPv6の設定を記述してネットワークをリスタートすればIPv6アドレスが反映されます。

$ ifconfig  enp0s8
enp0s8    Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 08:00:27:d6:a1:81  
          inetアドレス:10.0.0.203  ブロードキャスト:10.0.0.255  マスク:255.255.255.0
          inet6アドレス: fe80::a00:27ff:fed6:a181/64 範囲:リンク
          inet6アドレス: fd00::203/64 範囲:グローバル
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:257 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:423 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:33678 (33.6 KB)  TXバイト:41334 (41.3 KB)

/etc/network/if-up.d/static-routes にスタティックルートを記述してネットワークをリスタートしまうと反映されていたIPv6アドレスが消えてしまうようです。

IPv6の設定をいくらググっても同じような設定しかでてこなくて(設定自体は間違っていないので当然ですがw)、原因は他にあった。というお話でした。